FC2ブログ

エクセルで楽々校務

現場で即使えるファイルや小技を紹介します。あと、日々の実践で感じてきた疑問点も書いてみたいと思います。
      小学校教育ランキング

Vectorさんで「重みづけ成績処理システム(小学校学級担任版)」を公開しました

小学校全教科(国語、社会、算数、理科、生活科、音楽、図画工作、家庭、体育)と行動の記録に対応しています。1、2、3学期通知表と、指導要録の評価・評定までできます。
フリーソフトとして公開しました。
使い方のスクリーンショットです。

①まず、解凍して出てきたフォルダーをデスクトップ等に移動させます。

重みづけ成績処理システムの使い方1

重みづけ成績処理システムの使い方2

重みづけ成績処理システムの使い方3


重みづけ成績処理システムの使い方4


重みづけ成績処理システムの使い方5-1


重みづけ成績処理システムの使い方6

現場でも使っているシステムです。
もし興味があれば、使ってみてください。フリーソフトです。エクセルがあれば動きます。

------------------------------------------------------
重みづけ成績処理システム(Vectorさんの詳細情報ページ)へ
------------------------------------------------------

では、また。

スポンサーサイト







○で囲みたいときは「ドーナツ」が便利ですね

歳とったのかなあ。早起きになりました。

さて、エクセルで操作説明書みたいな文書を作成するときに、赤丸とかで、大事ですよってところを囲みたいときがありますよね。

私、ずっと図形の○(円/楕円)を使っていましたが、これって、塗りつぶしを解除して、線の色と太さを変えて・・・
って結構面倒くさいんですよね。
まあ、一つ作って、印刷領域外に置いておいてコピーして使えばいい話ではあるのですが・・・。

で、私がおすすめするのは、同じ図形の中の「ドーナツ」です。
①リボン上「挿入」→「図形」
②「基本図形」の3段目の左の方にあります。(エクセル2010)


これだと、初めから塗りつぶしが入っていないし、
太さは、黄色のポイントを動かすと一発で細くできます。

目で見ながら自由に調節できるので楽です。


まあまあ便利かなと思いました。

もうすぐ日が昇るぅ~  では、また。





画面コピーは、挿入→スクリーンショットが便利ですね

PCを創成期から使われている方は、画面コピーをする時に、
PrtSc(プリントスクリーン)キーを使われると思います。

でもこれ使うと、要らないところまで入るので、サイズをドラッグで小さくして全体が見えるようにして、トリミングして・・・
と結構作業に疲れてくるんですよね。

便利なのは、「スクリーンショット」ですね。
①まず、コピーしたい画面を最小化しておく。
②エクセルを起動させ、
 リボン上の「挿入」→左の方の「スクリーンショット」の下三角▼をクリック。
③一番下にある「画面の領域」をクリック。
  ※ ①の画面がマスキングされて出てくる。(タイムラグが少しあるかも)
④必要な領域をドラッグする。
  ※ 途中で止める時は、キーボードの「Esc」キーを押すと中断できます。
  ※ ⑤をした時点で貼りついています。

慣れるとこちらの方がストレスないような気がします。

私もこれでやってみます。

では、また。





全シート保護、解除の両方を一気にできるマクロ

VBAマクロとの出会いは、全シートを一括保護、解除するマクロでした。
★①どんな時に使うか
エクセルで通信簿を作っています。数式に不具合があり、シート保護を全部外して編集したいです。35枚のシートを一気に保護したり保護解除したりしたいです。1枚ずつ操作するなんて気が遠くなります。
★②マクロ(標準モジュールに貼ります)

Sub 全シート一括保護と解除()
Dim Sh As Object
Application.ScreenUpdating = False
If ActiveSheet.ProtectContents = False Then
On Error Resume Next
For Each Sh In Sheets
Sh.Protect
Next Sh
ActiveSheet.Activate
MsgBox "保護しました。"
Else
On Error Resume Next
For Each Sh In Sheets
Sh.Unprotect
Next Sh
ActiveSheet.Activate
MsgBox "保護解除しました。"
End If
End Sub
★③「図形」でボタンを描き、右クリックで「マクロを登録」すると、
ボタンを押すと作動します。
5~10分くらいかかる作業が
1秒かからずできます。
シートの保護、解除は
1シートずつしかできないので
かなり有用です。
★④サンプルファイル

---------------------------------------
初めて仕事で使ったのが、
全シートの保護/解除のマクロでした。
ネットでよく紹介されているのは、
多分、保護と解除が別々だと思います。
ボタンが2つになるので、保護と解除を合体させて、処理出来たらメッセージが出るようにしてみました。
無駄な行があるかもしれませんが、
動くということでご勘弁を。
では、また




エクセルの保存形式は.xlsmがいい

こんばんは
週案を紹介する前に、エクセルの設定やマクロについて少し書いておきたいと思います。

今回は保存形式です。
何もしなければ、最近のエクセルは、拡張子
「.xlsx 」で保存されるはずです。しかし、これが曲者で、
将来的に、マクロを組んで組み込もうと思っても、この形式だとできないんです。
よく使う拡張子は次の3つです。
---------------------------------------------------------
①.xlsx =マクロを記述できない。最後のxは×(ペケ)の意味がありそう。
②.xls  =昔のエクセルの拡張子。ファイルサイズが大きい。
③.xlsm =最後のmはマクロのm。マクロを記述できる。ファイルサイズが②の半分か3分の1になる。
---------------------------------------------------------
トータルでみると、マクロが記述できて、ファイルサイズがかなり小さくなる③.xlsmでの保存がおすすめです。
変更方法は、写真のとおりです。

エクセルの保存形式xlsmへの変更.png

①上タブ「ファイル」 > 「保存」
②一番上の「ファイルの保存形式」で、2番目の「・・・・・.xlsm」を選んで、OKをクリックする。

これで、新しく作るエクセルファイルの拡張子は、すべて.xlsmになります。

マクロが記述できて、ファイルサイズが飛躍的に小さくなるので、数式がいっぱい入ったファイルなど、
すごく動きが軽くなりますよ。

是非、お試しあれ。

では、また。





次のページ